忍者ブログ

豊田颯汰

エルメスを代表する「ケープコッド」とは?

「World Interiors Week 2017 in JAPAN」の関連イベントとして企画された同展では、エルメス祇園店を手掛けた鬼木孝一郎や、東急プラザ銀座とあべのハルカスをデザインした石丸耕平など「住宅デザイン」「ホスピタリティーデザイン」「商業施設デザイン」「オフィスデザイン」「プロダクトデザイン」の5分野で活躍し、将来が期待される40歳以下のデザイナー7人とユニット3組を選出。5月27日にはデザインシンポジウムを開催し、出展デザイナーによる作品プレゼンテーションとトークセッションが予定されている。
「佐々木はwithのレギュラーモデルを務めており、エルメスバーキンスーパーコピーこのバッグの付録がついた5月号の告知VTRにも出演しています。つまり、インスタは雑誌の宣伝。数日後には、色違いの別冊の付録バッグをさりげなくアップするなど、売上に貢献しています」
 200万円の自腹を切って叩かれた優木と、雑誌代どころか出演料をもらって好感度を上げた佐々木。比較されて「割り切れない」と思う優木の気持ちもわかるような気がする。
エルメスを代表する「ケープコッド」とは?
「ケープコッド」が生まれたのは1991年のこと。錨の鎖を意味する、エルメスの人気シルバージュエリー”シェーヌ・ダンクル”からインスピレーションを得て誕生した。エルメスコピーデザインのポイントとなるのは、「長方形の中に入った正方形」。正方形の時計を作って欲しいと依頼された、デザイナーのアンリ・ドリニーが、エルメスのアイコン”シェーヌ・ダンクル”を2つに分割し、その中に正方形を埋め込むことで、《長方形の中の正方形》という希望に答えた「ケープコッド」が誕生した。
PR

コメント

プロフィール

HN:
豊田颯汰
性別:
非公開

カテゴリー

P R